関東財務局長(金商)第1756号
株式会社G&Dアドヴァイザーズ

営業時間 平日 8:30~18:00

03-6417-4257

2021年12月24日

期待のマザーズ

投資調査部
成岡 順
先週の日本市場の終わり方はかなり残念な感じとなりましたが、今週の終わり方はクリスマスイブにふさわしい大引けであったと思います。

今週を振り返りますと、月曜日から火曜日の前場迄で投げ売りが出尽くして、それ以降は買いが優勢になりました。

この下げの道中も買いが入らなかった分ズルズルと下げてしまい、その分値幅も出てしまったと思います。

逆に戻りに関しましても売りが出尽くしてしまった分、戻り売り抵抗なども少なくなったために上値も軽くスルスルと戻って行きました。

実際に東証1部の売買代金も水曜日から2兆円割れとなっておりますので市場参加者も少なく薄商いの中上も下も軽い動きになりました。

またこの薄商いとなってしまった要因は今月の30を超えるIPO案件からこちらに資金が行ってしまったことでしょう。

そのIPOの値動きは当たりもハズレもありますが、当たり案件の方が比較的多いと見ております。

派手な動きをしている銘柄に関しては上昇している方が多く、ハズレとなってしまって売り気配になってしまっても寄り付き後に公開価格辺りまでの戻りを演じている銘柄がほとんどですので逃げ場はあったと思います。

相対的に良い動きになったことも新興市場の戻りに繋がったと思いますのでこの流れを切らさないためにも来週のIPOにも期待したいところです。

さて、マザーズ指数は昨日一旦一服しましたが、本日は最後まで頑張って1000ポイントの大台をキープし取引を終了。

日足は5日線も上向き、週足は5週ぶりの反発陽線、チャートも好転しております。

やはりマザーズ指数が好調なことが相場全体の雰囲気を良くしますね。

来週も頑張って月足のチャートが陽線で終えられると月足チャートも底打ち感が強まり、先高観が増して来ます。
1075ポイントが今月の寄り付き値段ですが、ここまで戻ると24か月線も回復、長い下髭となって先月まで下値を支えていた24か月線がサポートラインとして再度意識されます。

今のところ月足チャートに上値の重たさが感じられる状態であることからも4か月ぶりに陽線となれば売りをこなした感じも出て年明けのスタートも明るくなりそうですのでラスト1週もうひと頑張りの展開に期待です。

それでは来週もよろしくお願い致します。
投資調査部
成岡 順

専門学校を卒業後、証券会社の株式部、所謂「場立ち」として就職。のちに東京証券取引所内での自己売買(株式ディーラー)として相場を闘い抜く。その後は準大手証券SMBC証券に移籍。オーバーナイトポジションは5億を超えるポジションで勝負。SMBC証券を退職後は中堅証券を2社渡り歩き、現在は株式会社G&Dアドヴァイザーズの投資助言者。

一覧に戻る

ヘルプ

当サイトに多く寄せられるご質問を項目ごとにまとめました。各種サービスについてもご案内しています。

質問と回答一覧

お問い合わせ

ヘルプで解決できない問題や、直接サポートセンターとやり取りをしたい場合はこちらをご利用ください

お問い合わせ